MENU

地肌トラブルに関係する常在菌とは?

さまざまなお客様から髪や頭皮の悩みを聞いた私は、まずその原因について知識を深めてみることにしました。このページでは、トラブルのきっかけになりやすい常在菌について見ていきます。

 

頭皮の乾燥やかゆみ、臭い、フケといった次肌トラブルの多くは、表皮ブドウ球菌やマラセチア菌といった常在菌と大きく関係しているそうです。全ての人の頭皮や肌に生息する常在菌は、基本的に皮膚環境を良くするために存在しています。

 

例えばマラセチア菌であれば、肌の皮脂を吸収分解することによって脂肪酸をつくっているのです。これに対してさまざまなメディアで美肌菌と紹介されている表皮ブドウ球菌の場合は、地肌や皮膚の皮脂や汗を食べることによって、保湿成分グリセリンを排泄してくれていると言われています。こういった役割を見ていくと、常在菌は私達女性の肌を自活させる上で欠かせない存在だと捉えて良いのでしょう。

 

 

皮膚に良いはずの常在菌が肌トラブルを起こす理由とは?

 

美肌に欠かせない常在菌が悪さをするのは、皮膚や地肌からたくさんの皮脂が分泌された時です。肌から分泌される汗などのエサが少なければ、常在菌は適度に大人しく活動をします。これに対して汗や角質などの大好物が多くなると、常在菌が繁殖することで肌に悪循環が生まれるのです。

 

またマラセチア菌が排出する脂肪酸についても、皮膚が大変デリケートな敏感肌の皆さんにとっては外的刺激になることもありますので、本来美肌をつくるために存在している常在菌であっても、人によっては歓迎できない対象になることもあると捉えて良いかもしれません。

 

 

菌と仲良く共存することが頭皮トラブル予防に繋がる

 

エステティシャンである私は、以前から常在菌の存在を知っていました。でも頭皮や地肌のコンディションと常在菌の関係まではわからなかったので、今回知識を深められて良かったと感じています。今現在はフェイシャルやボディエステを中心に行う私ですが、将来的にはお客様に頭皮コンディションのアドバイスもできる専門家になりたいなぁと感じています。

このページの先頭へ