MENU

シャンプーの洗浄成分には3つの種類がある

さくらの森シャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分を使った製品です。この他にどんな洗浄成分があるのか調べてみたところ、大きく分けて石鹸シャンプー、石油・高級アルコール系シャンプーというトータル3つの種類があることがわかりました。そしてナチュラル系が好きな私は、これまで長年石鹸シャンプーを愛用していたようです。

 

 

アミノ酸系シャンプーのメリットとは?

 

アミノ酸系洗浄剤を使ったシャンプーにおける最大の利点は、人間の体に本来存在するアミノ酸と似た成分で髪や頭皮を洗えることです。こうした成分を配合すれば、頭皮や髪が過敏に反応してアレルギー様症状が起こる可能性も低くなりそうです。またスキンケアコスメの中には、ヒト型コラーゲンやヒト型セラミドといった人間の体に近い成分を使った製品が多く見受けられるため、髪や地肌と同成分のアミノ酸を使ったシャンプーというのも、考え方としては近いものがあるのだろうと思いました。

 

 

アミノ酸系と他の種類の違いとは?

 

例えば、私が長年使ってきた石鹸シャンプーと比較をすると、アミノ酸系シャンプーには、程よい洗浄力としっとりとした洗い上がりという2つのメリットがあることがわかります。洗浄力を抑えられれば、頭皮が本来持っている潤いを落とすこともないため、地肌の環境を保つ上でも石鹸シャンプーよりアミノ酸系の方が遥かに良いのだろうなぁと思いました。また石油系や高級アルコール系シャンプーについては、肌の弱い人にとって強い刺激を与えたり、髪の保湿成分までも奪ってしまう強さがありますので、こちらについてもさくらの森シャンプーのようなアミノ酸系に軍配が上がると考えて良いでしょう。

このページの先頭へ